ハワイでマラソン!目指すはゴール!

ハワイでマラソン!目指すはゴール!

ハワイで行われるマラソン大会 その1

「アローハ!」ハワイは、昔から人気のある観光地です。ハワイは見どころ満載で、一度ハワイを訪れた人は「ハワイに何回行っても、いく度違う顔をみせてくれるから何回訪れても、また来たくなる場所」だと言います。芸能人が年末年始をハワイで送るのはお約束かもしれませんが、芸能人ではなくても毎年訪れる人もいます。独身時代にも訪れ、ハネムーンでも行き先はハワイ。そして子どもが生まれてからも、子連れでハワイ。とハワイは人気の旅行先です。そして、三世代でハワイへ旅行中という風景も決して珍しくはないので、根強いハワイ人気を感じます。ハワイでの過ごし方・楽しみ方は、もちろん人それぞれですが、ボーッとホテルのラナイ(バルコニー)でビールを飲みながら過ごすだけで幸せ♪という楽しんだり、サーフィン三昧にショッピング三昧(笑)と、いろいろ楽しめるのも魅力です。

初ハワイの時は、まずほとんどの人がオアフ島に立ち寄ると思います。オアフ島の滞在のみの方もたくさんいらっしゃいます。ちなみにオアフ島は Gathering Place「集いの島」と呼ばれています。州都はホノルルなので、確かに集いの島ですね。マウイ島は The Valley Island「渓谷の島」。ハレアカラ火山の噴火によって流れ出た溶岩でつながっている形からValley Islandとなりました。マウイ島はオアフ島と比べると、アメリカ本土とカナダからの観光客が圧倒的に多い島です。カウアイ島 The Garden Island「庭園の島」と呼ばれ、山林地帯はきわめて植生豊かで、特にアラカイ湿地帯ではハワイミツスイ類などの貴重な鳥や、この島独自の2500種もの植物が生息していることから、まさにGarden Island と呼ばれるほど、緑が濃くそして豊かな島です。最後はハワイ島 Hawai'i's Big Island「ビッグ・アイランド」です。ハワイ諸島で最大の島から、Big Islandと名付けられました。その大きさは岐阜県と同じで、四国の約半分の大きさです。

Island それぞれに特徴があるので、一度訪れてから「ハワイにはまった・・」という人達がたくさんいるのも、なるほどなぁ~と思います。ネイバーアイランド好きの人に言わせると、せっかくハワイまで行くのにオアフ島だけではもったいない!という声がたくさん出ています。自分が一番好きだ!と感じる島巡りも、是非ハワイを滞在するときのお楽しみになりますね♪お目当ての島がある人は、オアフは中継地だからハワイに行ってもオアフには行かない。という声もあります。

そして、昨今のマラソンブームもありますがハワイには有名な「ホノルルマラソン」があります。完走者には、完走した人だけがもらえるFINISHER Tシャツがあります。このTシャツコレクターもいるので、ハワイが根強い人気があるのは、マラソン大会目当てのリピーターも多いのではないでしょうか?!「ホノルルマラソン?5回はでてるよ」なんて人は決して珍しくありません。そして、有名なホノルルマラソン以外にも、マラソン大会が開催されていますのでご紹介していきます!旅行を兼ねて、ネイバーアイランドへ行きたくなりますよ~

ハワイで行われるマラソン大会 その1

マウイ・オーシャナンフロント・マラソン

マウイ島で開催されるマラソン大会です。2014年で6回目となるマラソン大会で、マウイ島はハワイのロコがリラックスしに訪れるほど人気の高いマウイ島です。マウイ島はクジラでも有名で、ホェールウオッチングできます。マウイ・オーシャン・フロントマラソンとネーミングされているだけあり、コースの90%がオーシャンフロントで海沿いの爽やかな風を浴びながらほぼフラットなコースを走ることが出来ます。

フルマラソンのスタート地点はワイレア地区からのスタートになります。時間は午前5:45と真っ暗な中でのスタートになります。コース締切は12:00。6時間ちょっとでは走りきれない・・と思う方はアーリーマラソンで、エントリーするとスタートは4:30と1時間の余裕ができます。

スターとの時にはハワイアンのカフナ(※1)がレース安全のお祈りを捧げてくれます。スタートしても真っ暗なの中を走ります。夜が明けてくるのは7時前ぐらいです。オーシャンフロントを走るので、モロキニ島、ラナイ島、カホオラベ島などを見ながら海岸線を走ります。スタートはワイレア地区で、そおからキヘイを通りフィニッシュがラハイナというマウイ海岸を満喫できるコースです。スタート地点は走る距離によって違いますが、ゴール地点はすべてラハイナがゴールです。

タイムが速いランナーの場合は、太陽が昇るのを自分の背中にしながら走ることができるので、タイムが早ければ早いほど、直射日光を浴びる事を避けれます。マウイ・オーシャンフロント・マラソンが行なわれるのは1月。マウイ島でクジラがたくさん見れる季節は12月~3月の間なので、ゆっくりとホェールウオッチングしながら楽しめるのが、最大の魅力です。

※1カフナとは・・ハワイ古代宗教の僧侶

レース

アーリー・マラソン・ウォーカー
4:30 / ワイレア(スタート地点・制限時間7時間30分)
フルマラソン
5:45 / ワイレア(スタート地点・制限時間6時間15分)
ハーフマラソン
6:45 / ラハイナ (スタート地点・制限時間5時間15分)
15K
7:20 / パパラウ・ビーチ (スタート地点・制限時間4時間40分)
10K
6:45 / ラハイナ (スタート地点・制限時間5時間15分)
5K
8:20 / ローンパーム・ポイント (スタート地点・制限時間3時間40分)

ビッグ・アイランド・インターナショナル・マラソン

ハワイ島ヒロで行われるマラソン大会です。ハワイ島はハワイ諸島で一番大きな最大の島から『Big Island』と呼ばれています。どれぐらい大きいのかといいますと、面積は10,432.5 km²(日本の四国の約半分程度)で、岐阜県ほどの大きさです。そして、ビック・アイランド・インターナショナル・マラソンは、ヒロで行われますがヒロはハワイ島東岸にあります。ヒロは日系移民によって開発された都市です。そして、ハワイ島で一番大きな都市でもあり、州の中でも2番目に大きな都市でもあり、コナコーヒーが特産品です。

このハワイ島を走るマラソン大会の参加者は、毎年1000人ぐらいで比較的小さなイベントといえますが、主催者が人数を増やしてビックイベントにするよりも、安全でそして質の高いイベントを目標と掲げているので人数を増やすことは検討していないようです。そのためか、とても人気も高くすぐに定員が埋まります。

コースの前半は下り坂です。坂を下るので海が良く見えて、とても気分よく走れます。レースの後半はフラットコースになっているのでペースがつかみやすいかもしれません。

レーススタートは6時です。レース・ディレクターのウェイン・ジョゼフ(愛称:ビッグドッグ)さんがスタートエリアを盛り上げてくれます。

コースをスタートしてすぐに、オールド・ハワイロードという旧道を駆け抜けていきます。熱帯雨林のジャングルのような世界を走っていくと、海が開けてきます。ジャングルから海とふたつの魅力をすぐに満喫できるレースになっています。

レース

フルマラソン
6:00 / クウライマヌ・コミュニティー・センター (スタート地点・制限時間7時間)
ハーフマラソン
6:00 / クウライマヌ・コミュニティー・センター (スタート地点・制限時間4時間)
5K
6:30 / ヒロ・ベイ・フロント(スタート地点・制限時間なし)

ノースシュア・マラソン

オアフ島のノースシュアは、まさに完璧な波が訪れる場として、そして冬場にはビッグウェーブがくるのでサーファーの聖地として世界中からビッグウェーブに乗りにサーファーが集まります。そんな冬場のビッグウェーブビッグウェーブは時に9メートルを超える波もあるそうです。サーフィンの中心地でもあるノースシュアでは、11㎞以上続くビーチではサーフィンのスーパーボウルと言われる、バンズ・トリプル・クラウン・オブ・サーフィンという世界的なサーフィン大会も開催される場所です。

ノースシュア・マラソンは、2011年に初めて開催されました。スタート地点は美しハイレワビーチパークです。ノースシュアの西玄関口と呼ばれる、ハイレワ・タウンから徒歩圏内に位置しています。2011年に始まったノースシュア・マラソンですが、その生みの親は『808レース』という会社のオーナーである、シウル・ミシェルさんです。ミシェルさん自身もかつてはランナーでした。ミシェルさんは「ホノルルマラソンではホノルルの魅力をとてもよく紹介している。ダウンタウンやワイキキを通過したり、ダイヤモンドヘッド周辺を走ったり。僕はホノルルマラソンと同じように、大自然の魅力にあふれたノースシュアの魅力を紹介できるマラソンを作りたかった」というところからレースが始まりました。

レースのスタートは午前5時。真っ暗な中からスタートします。そして、コースはハイレワ・ヒストリカル・タウンを通るノースシュアの古き街を駆け抜けていきます。ハイレワエリアの次は、ファーリントン・ハイウェイへ。普段はのんびりと走れない貴重な道を走ることはマラソン大会ならではの醍醐味です。平らでまっすぐと伸びるファーリントン・ハイウェイがおわると、海の方へ抜ける道になりノースシュアの風を浴びることができます。ホノルルとはまた違うオアフ島のノースシュアは、大自然がありまたハワイの古き良き面影を残したサーファの街を楽しみながら走ることが出来ます。

レース

フルマラソン
5:00 / カイアカ・ベイ・ビーチ・パーク前 (スタート地点・制限時間8時間)
5K
6:30 / カイアカ・ベイ・ビーチ・パーク前 (スタート地点・制限時間特になし)

ハワイへ行こう!